ヨンパチ戦車ブログ(1/48スケール模型)

1/48 スケール戦車模型は楽しいぞ!

ヨンパチ戦車向きエアブラシを調べる

1/48 ヨンパチ戦車で復活した出戻りモデラー。筆塗りで色々作って来ました。実際ドイツのティガー級でも筆塗りで問題なく塗れます。航空機や車と違い、ムラがあっあとしてもそれは味だしウェザリングしたりしますので問題ないわけです。

なぜエアブラシが欲しいか? それはエアブラシで塗装している自分が格好良さそうだから。動機が不純ですよね。バンドじゃあるまいし、自宅でこもってエアブラシ使ってたって女の子にモテるわけでもありません。むしろキモいかもしれません。それでもやはり格好いいじゃないですか。それが第1番目の動機。

次に迷彩塗装をもう少し格好良く表現して見たい。

その次は影吹きをやって見たい。

その次は筆塗りで疲れることがある。広い基本塗装をささっと済ませてウェザリングに時間をかけたい。

色々な塗装方法を試して見たい。飛行機にも興味が出て来たのでそっちを作るならエアブラシで綺麗に塗りたい。

こんなところです。

何が良いのかネットで調べて見て大雑把にわかったことは、コンプレッサーとハンドピース。

ハンドピースは塗料がでるところね。メンテナンス性からカップ一体型、ダブルアクション、0.3mmのものがいいみたい。

コンプレッサーは値段と性能のバランスから定番のクレオスL5。またはタミヤのレボIIあたりかな。

レギュレーターについては水抜きと圧力調整をするのに必要らしいけど、高圧のコンプレッサーの場合湿度によって水が発生するので必要だけど、低圧のレボIIとかL5については絶対必要というわけではない様子。よって割愛。

ここで予算の話しておきますが、塗装ブース入れて三万位にはおさめたいなという希望。

いろいろ考えた結果これ。

 

タミヤ エアーブラシシステム No.42 スプレーワーク HG コンプレッサー レボ II 74542

タミヤ エアーブラシシステム No.42 スプレーワーク HG コンプレッサー レボ II 74542

 

 

 

 2つで二万二千円くらい。残り予算八千円で塗装ブースは市販のものではそろわない。

自作という手もあるでしょうが、最低タミヤ ペインティングブース シングルファンが欲しいけど予算オーバー。さてどうするかな?ハンドピースを1つ下のグレードに下げればおさまりそうだけど。それがこれ。

 

 んー。もっと細吹きできる0.2を最初から買うというのも手だけどね。ヨンパチ戦車だからね小さいし。悩むね。