ヨンパチ戦車ブログ(1/48スケール模型)

1/48 スケール戦車模型は楽しいぞ!

タミヤ 1/48 ドイツ 8輪重装甲車 Sd.Kfz.232

今回作成するキットはこちら!

ヨンパチ初の装甲車にチャレンジしました。
以前から気になっていたキットですが、シャーマン戦車の虜になっていたので先延ばしでした。いゃあー。格好いいですね。
装甲車と舐めていましたが、意外と全長があって戦車と比べても引けを取らない貫禄です。

今回は塗っておいたほうが良さそうなところは先に塗るようにしました。足回りは何色にしようか?と考えて、困った時の履帯色を塗りました。

タイヤは黒ですけど、きっと何かオススメが有るはずとフォローアさんに相談したらNATOブラックがいいよとのことでぽちっとしました。

田舎モデラーはネット通販命なのです。

おおー!良いですね。NATOブラック。これは一家に一本必需品ですね。ちょっと緑が入ったブラックのようです。ウェザリングカラーのサンデイウォッシュ使えばタイヤのホコリ感も出てバッチリ決まります。

それではボディーに塗る基本カラーはこちら。

いつも通りハルレッド下塗りして、水溶きアクリルを塗っていきます。が!なかなか色が落ち着きません。もともとムラおっけい薄く塗り重ねます派なので仕方がありませんが、6回くらい重ね塗りしてます。黄色は透けやすいのですかね?それとも水溶きしすぎたかしら。
まあ、何回も塗ってれば落ち着いてくるので。
時間短縮のため布団乾燥機で乾燥させながらの作業です。ラッカーの臭いの我慢すればあっという間に綺麗なベースカラーを塗れると思いますけど。臭くないプラモデル製作研究家なので。

次はチッピングをやっていきます。塗装の剥げですね。塗装の剥げの色もいろいろ考え方がありますけど、履帯色と極細面相筆で書いていきます。エナメルの履帯色も持ってますが、アクリルで書いて後のウェザリングなどで消えないように一発勝負描き。写真は前面の装甲板ですね。

ボディーの方も描き込んでいきます。やり過ぎたかな?感ですけど。

これはマフラーです。確か得意の履帯色の上にパステルふりかけて錆び感出しています。
ヨンパチは小さいのでこの程度でもそれらしく見えてきます。

今回も臭くないプラモデル作りということで、ウェザリングカラーを使います。全8本とうとう揃えましたよ。今回活躍したのは

下部、陰の部分に全体的に塗って退色感を出します。1時間くらい乾かしてからティッシュで拭き取ると良い塩梅です。今回買ったカラー。使い道がわからなかったのでハッチに塗ってみました。雨だれ跡とかにも使えそうです。定番ですね。これがあれば色々なところに使えます。
仕上げはタミヤウェザリングマスターで。
ウェザリングペースト使うほどでもない感じですね。

完成はこちら。