読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨンパチ戦車ブログ(1/48スケール模型)

1/48 スケール戦車模型は楽しいぞ!

タミヤ 1/48 ドイツV号戦車 パンサーG型 製作日記

はじめに、どんなキットでもあまり難しく考えないでプラモデルを楽しんでもらえたらと思います。数作っていれば自分なりの工程ができると思います。ヨンパチ戦車はサクサク組み立てられてサクサク色塗って完成させられます。ぜひ参考にして楽しんでください。ちょっとしたコツをつかめば、特別なスキルはいらないと思いますよー。そんなコツをこのブログから読み取ってくれると嬉しいです。

今回作成したのはこちら。ドイツV号戦車 パンサーG型です。ドイツ戦車は4号から5号辺りがデザイン的にも好みですね。キングタイガーとかエレファントとかになるとデカすぎ!重すぎて動けないよー。と世界仰天ニュースに出てきそうなおデブ具合ですからね。
もちろんデブ専もいるのでそれは人それぞれ好みでしょうからぼくが言うことでもありません。

基本素組なのでキットの組みやすさとかはよくわかります。このパンサーはすごく組みやすかったです。ドイツ戦車の輪転地獄は仕方がありませんが、大したパーツ数でもないのですぐ終わります。タミヤ ヨンパチの組み立て式 履帯が苦手という方もいらっしゃるでしょうが、適度に幅もあり簡単に組み上がると思います。今回は履帯だけくっつけて分割できるようにしました。色が塗りやすいようにですね。なんか言い方ありましたよねこのやり方。まあ、いいですわ。

ということで今回は履帯に少し手を加えてます。ドイツ戦車を作るときは基本シルバーを塗ってます。今回はウエザリングカラーのステインブラウンをダプダプ塗って、パステルを二色ふりかけにしています。ちなみにパステルは100均です。履帯の端と凸は溶剤を綿棒に浸して拭き取りです。これだけ。お手軽履帯です。本体につける予備履帯は違う方法でやりました。こちらもシルバーを塗って、(アクリルです。)上からアクリル溶剤で浸した上にパステル落としてサビ表現。ちょっとメリハリをつけるためにブラックのウェザリングカラーで墨入れ。

迷彩も筆塗りです。基本ダークイエローにホワイトを足して塗った上にダークグリーンとブラウンで説明書見ながらフリーハンドで描いてます。若干変なところもあるかもしれませんが。
迷彩を描くときはアクリル塗料を水溶き、感覚的に結構しゃぶしゃぶで薄い感じですが下書きな感じで描いていきます。何回も何回も塗って塗ってるうちに塗料も蒸発して濃くなるので濃くなってきたら真ん中辺りを重点的に塗っていきます。筆塗りなのでぼかせませんが、ハジな部分は薄めなイメージになるように塗ってます。

細かい部品を塗り分けてたりしたら全体にウェザリングカラーのブラウンでジャバジャバ全体を塗って20分くらい乾かしてから拭き取っていきます。ウォッシングてやつですね。濃すぎるときは溶剤をふでに湿らせて撫でてティッシュで拭き取ったりします。これで全体的に落ち着くので今度はブラックのウェザリングカラーで墨入れします。迷彩なので結構適当に黒いカラーを落としてもいい感じになると思います。

下部の輪転やボディー側には今回はウェザリングペーストマッドブラウンにウェットクリアーを混ぜて黒目の土色にしました。マッドブラウンも乾くと色が乾いた土の色になるのでクリアーを混ぜました。ちょっと汚しすぎたので溶剤で拭き取って調整したりしています。

細かい仕上げではエナメルの履帯色でチッピング(あまり目立ちませんが)と定番タミヤウェザリングマスターで微調整しました。

タミヤ メイクアップ材シリーズ No.79 ウェザリングマスター A (サンド) 87079

タミヤ メイクアップ材シリーズ No.79 ウェザリングマスター A (サンド) 87079

完成はこちら。前からより後ろからのアングルが好きですね。また作って今度は自分の好きなように塗って見たいです。



今後は住居が移るので新しい作業環境といよいよエアブラシを導入しょうと思います。手塗りが面倒になってきたからです。ぼかしも表現したいしね。それではまた。

タミヤ 1/48 ドイツIII号突撃砲 B型 製作日記

みなさん おはこんばんは!
お久しぶりですね。しばらくミニ四駆やったりゲームやったり。ズバリ飽きっぽいんですよね。サクサク作れるヨンパチ戦車はやっぱり楽しいですね。今回はこちら。

3凸とか3突とかいろいろ言われますね。
低くて短砲身。特徴的です。男性なら全然魅力的じゃないですけど、背が低くて短い... いや、なんでもありません。
3突は歩兵の火力支援が主と思いますが、対戦車戦も考慮されているそうです。

組み立てはサクサクすすみますが正面のダイキャストとプラのつなぎ目はうまく合わなかったのでパテ埋めしてます。履帯はご覧の通り外せるようにしておきます。塗り分けるのに便利ですからね。

基本色はシャーマングレーに白を等分加えたもの。足回りの下部はシャーマングレーそのまま塗って暗めにしておきます。
写真は履帯と輪転を塗り分けているところです。履帯はシルバーで塗ってウェザリングカラーのステインブラウンでお気楽に仕上げています。プラモデルって上手な人のテクニックばかり気になって楽しくプラモデルを作れなくなる時がありますがそんなの気にしちゃダメです。
はみ出たところはまた塗り直して綺麗にしておきます。

写真はウェザリングカラーのホワイトを試した感じ。単色が単調にならないようにパネル一枚一枚別なイメージになるよう塗っては乾かしてティッシュで拭いてまた塗ってと重ねて行きました。

またまたウェザリングカラーで墨入れと同時にブラウン系の色でサビというか土汚れというかそんな感じを出していきます。

下部のボディー側はウェザリングペーストを使います。
最初は溶剤でしゃぶしゃぶのペーストを塗って次第にペーストが濃いめに筆を立てるように何回か重ねて行くように盛っていきます。もう少し湿った黒い感じを出すならクリアーを混ぜて塗ります。

後ろはマフラーがあります。サビサビマフラーの表現は戦車モデラーが楽しみにしているものの一つです。僕はパステルを2、3色使ってアクリルの溶剤を塗った上からふりかけて表現してます。ベースは履帯色でその上にパステルふりかけです。仕上げはタミヤウェザリグマスターあのお化粧道具見たいやつでね。
完成はこちらです。本当に素組ですけど楽しくできました。

タミヤ 1/48 イギリス 7トン4輪装甲車 Mk.IV 製作日記


装甲車が続きます。ちょっとカッコイイですよ。装甲車。よって2台目。
今回製作したのはこのキットです。

是非作って見てください。

組み立てはいたって簡単。あっという間に組みあがります。接着剤はリモネンで安心してください、臭くないですよ。て少し古いネタですけど。

塗装はダークグリーンが指定色ですが、ホワイトも1:1で混ぜて明るくしておきます。
今回は下地のハルレッドは塗らないでおきました。プラの色が同系色ですし手抜きです。実際気になりませんでした。


基本塗装後デカールを貼りました。細長いナンバーのようなデカールはフヤフヤしすぎて曲がってしまいました。(正面)なのでかすれて見えにくくなった感を出しました。結果論なのですが、デカールの上に塗装して後で1500〜2000番のヤスリをかけてデカールを出すといい感じになりました。
デカールはつや消しクリアーを塗って保護しておきます。

さて、ウェザリングをどうしょうか悩んだ挙句、サンディウォッシュでとりあえず汚してから考えることにしました。

順番的にどうかと思いますが、エナメルで塗装剥がれ、チッピングのような感じで描いていきました。
得意のタミヤウェザリングカラーで微調整し完成です。

サイズがわかるようにiPhone7にのせてみました。

ハムスターのように可愛いですねえ。

タミヤ 1/48 ドイツ 8輪重装甲車 Sd.Kfz.232

今回作成するキットはこちら!

ヨンパチ初の装甲車にチャレンジしました。
以前から気になっていたキットですが、シャーマン戦車の虜になっていたので先延ばしでした。いゃあー。格好いいですね。
装甲車と舐めていましたが、意外と全長があって戦車と比べても引けを取らない貫禄です。

今回は塗っておいたほうが良さそうなところは先に塗るようにしました。足回りは何色にしようか?と考えて、困った時の履帯色を塗りました。

タイヤは黒ですけど、きっと何かオススメが有るはずとフォローアさんに相談したらNATOブラックがいいよとのことでぽちっとしました。

田舎モデラーはネット通販命なのです。

おおー!良いですね。NATOブラック。これは一家に一本必需品ですね。ちょっと緑が入ったブラックのようです。ウェザリングカラーのサンデイウォッシュ使えばタイヤのホコリ感も出てバッチリ決まります。

それではボディーに塗る基本カラーはこちら。

いつも通りハルレッド下塗りして、水溶きアクリルを塗っていきます。が!なかなか色が落ち着きません。もともとムラおっけい薄く塗り重ねます派なので仕方がありませんが、6回くらい重ね塗りしてます。黄色は透けやすいのですかね?それとも水溶きしすぎたかしら。
まあ、何回も塗ってれば落ち着いてくるので。
時間短縮のため布団乾燥機で乾燥させながらの作業です。ラッカーの臭いの我慢すればあっという間に綺麗なベースカラーを塗れると思いますけど。臭くないプラモデル製作研究家なので。

次はチッピングをやっていきます。塗装の剥げですね。塗装の剥げの色もいろいろ考え方がありますけど、履帯色と極細面相筆で書いていきます。エナメルの履帯色も持ってますが、アクリルで書いて後のウェザリングなどで消えないように一発勝負描き。写真は前面の装甲板ですね。

ボディーの方も描き込んでいきます。やり過ぎたかな?感ですけど。

これはマフラーです。確か得意の履帯色の上にパステルふりかけて錆び感出しています。
ヨンパチは小さいのでこの程度でもそれらしく見えてきます。

今回も臭くないプラモデル作りということで、ウェザリングカラーを使います。全8本とうとう揃えましたよ。今回活躍したのは

下部、陰の部分に全体的に塗って退色感を出します。1時間くらい乾かしてからティッシュで拭き取ると良い塩梅です。今回買ったカラー。使い道がわからなかったのでハッチに塗ってみました。雨だれ跡とかにも使えそうです。定番ですね。これがあれば色々なところに使えます。
仕上げはタミヤウェザリングマスターで。
ウェザリングペースト使うほどでもない感じですね。

完成はこちら。

(その3 完成編)タミヤ 1/48 イギリス戦車 シャーマンIC ファイアフライ

今日は下のキットの完成編です。

今回のこだわりポイントは水性アクリル塗料とクレオスのウェザリングカラー、ペーストでの仕上げで無臭プラモデル作成。
タミヤウェザリングマスターで少々調整。
前部の荷物、履帯による装甲強化。他、荷物を少々取り付け。です。

ヨンパチ戦車は手軽に出来て塗装も楽しめます。筆塗りで十分です。あなたも一緒にどうですか?

(その2塗り編)タミヤ 1/48 イギリス戦車 シャーマンIC ファイアフライ

引き続きファイアフライの製作を続けます。

さて今日は塗り編ということで進めます。
その前にサーフェイサーですが、個人的にはヨンパチ戦車は必要ないと思ってます。相当手を加えるなら必要と思いますが、ほぼ素組が多いのとダメージや汚しが入るので気にした程でもないです。
でも、やっておいたほうが楽だなあと思うのは下地塗りです。水溶きハルレッドをまんべんなく塗っておきます。もし、今後塗り漏れがあってもハルレッドが見えるのでごまかせますから。細かいところから先に塗り漏れの無いように塗っていきます。水溶きなので気にせずガンガン細かいところなど中心に塗りましょう。

言い忘れましたが、今回のテーマは臭くないプラモ作り。組み立てはリモネンの接着剤を。塗装はアクリル塗料とクレオスのウェザリングカラー、ペーストを使います。
これなら換気装置が無くても室内で作業ができます。

今回のベースカラーは試行錯誤の結果、
NATOグリーン×2
オリーブドラブ×1
ホワイト×1
の比率です。
前回のカラーはカーキー色が強かったので今回はグリーンよりに、そしてやはりホワイトを入れて明るめにしておきます。ヨンパチ戦車は特に小さいので明るめにして汚していくという感じです。あと、わたし的には明暗差を出してコントラストが落ちないようにイメージして塗っていきます。
クレオスのカラーモジュレーションの概念も意識して塗って行きます。単色だとのっぺり感が出るので下部は濃く、上は明るく、影は暗く。とイメージしていきます。平面に絵を描いていく感じです。

具体的には先程のオリジナル基本色を水溶きで全体に一回。二回目は足回りはそのままの色で、上は更にホワイトを混ぜた明るい色に調合して2回目。三回目は調整で軽く。これでもあえて下地のハルレッドが透けるところがある感じの重ね方です。筆方向はお約束通り上から下へと水が流れるイメージで。
これでアクリル塗料の塗装は終わり。

上の写真はウェザリングカラーのサンデイウォッシュでハイライトを意識した場所にのせていきます。例えば砲塔の上部角。ボディーの上の面。2、30分乾燥させたあと筆か綿棒に専用溶剤をつけて必要のないところは拭き取って行きます。平面の部分でも端は残しておくとか、メリハリを意識します。気がついたら全部拭き取ってたとかありますので(笑)

今度はグランドブラウン、ステインブラウンで陰部、カドなどウォッシングや書き込みをしていきます。この場合も常に明暗差を意識していきます。締りが悪かったので墨入れは黒でやってみました。サビを強調したいところはラストオレンジを使いました。クレオスのウェザリングカラーシリーズは臭いがほとんどしない、エナメルに比べるとプラを
侵し難いということで、これがなくてはならない存在ですね。
足回りはペーストでやります。前回紹介したので割愛します。
次回は完成編です!お楽しみに。

(その1 組立て編)タミヤ 1/48 イギリス戦車 シャーマンIC ファイアフライ

前回のホビーボスシャーマン戦車は年越し用として用意していたものですが、年内に完成しそうだったので急遽補充していたのがこのスケールモデルです。

見ての通りシャーマン戦車なのですが、イギリスの戦車です。戦車を組み立てるときはウィキってから作るとまた違う感情で製作できるのでおすすめです。このファイアフライ。簡単に言うと、ドイツ軍に対抗するため17ポンド砲を開発したが自分のところで載せられる戦車が無かったのでアメリカのシャーマン戦車にくっつけた。ということ。活躍したのはノルマンディー以降ということになりますね。
かなりの派生モデルがあるシャーマン戦車ですが、火力など考えると完成形と言えるかもしれません。ドイツ軍も脅威に感じたのかファイアフライの特徴でもある長い砲身を真っ先に狙うようになります。そのため砲身を短く見せるカモフラージュをしています。
火力は増しても装甲はシャーマン戦車なので心細い感じです。そのため履帯を車体に付けたりと砲弾の保管位置を変えたりなど工夫が見られるようです。
さて、製作ですが、言わずとタミヤのキットです。サクサクと進みます。
あらかじめ鋳造感を出すために溶きパテを塗りました。臭いのしない水溶性のパテです。前作のシャーマン戦車でシートを作るときに合わせて済ませておいた工程です。パテの使用感ですが、使う前はかなり乾燥した感じで水で練って粘度を調節する感じです。鋳造感を出すにはある程度粘度が高め位が良いように思います。ラッカーパテと同じ感覚で問題ないと思いますが、その粘度に調整するのが難しいかなと思いました。
それでも、ラッカーパテのに比べたら臭いも全くしないので思った時に作業ができるのは最高です。食いつきはちょっと弱いかな?と思います。お値段は高めですが今後も使うつもりです。
余談ですが、プラモデルといえばシンナー臭というのがあります。私個人としてはこの辺を解決してヨンパチ戦車をたくさんの人に作ってもらいたいという信念もあります。ということで、接着剤もモネリンを主体に組み立てて見ることにしました。

普段は流し込みタイプの臭い匂いのするやつと、このリモネンを併用しています。
最初はモネリンだけで。順調に組み立てていたのですが、細かいところなど接着剤をつけすぎること、どうしても流し込んで接着剤をしたいところ(履帯などの足回りなど)あって途中で断念しました。で!じゃあモネリンの流し込みタイプは無いのかな?と調べてみると。
あるじゃないか!今度はこれ買ってみます。

こちらはタミヤヨンパチ戦車の特徴でもあるダイキャスト。
今回は履帯を最後にまわしたのですがここまで組み立てて2、3時間位ですかね。組み立て自体は半日から一日あれば終わってしまいます。

で大嫌いな履帯の組み立ても終って一息。

どうも苦手な履帯組み立てですね。普通に組み立てたつもりなのに少し隙間ができちゃうんですよね。仕方がないので誘導輪側の履帯を中心に少しずつ離し気味にして長さを稼いでみたりしてなんとか形になりましたよ。
さて、翌日は塗装しようかな。